外国人技能実習生の受け入れスキームと職種等

技能実習とは、発展途上国等の人を一定年数に限り受け入れてOJTを通じて日本の有する技能を伝える制度です。
基本的には実習した後に自国に帰って自国の発展のためにその技術を活用してもらうということが想定され、国際貢献の観点から平成5年より実施されている制度です。

外国人技能実習生を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

外国人技能実習生を受け入れるスキームとしては、企業単独型というものと団体監理型というものがあり、企業単独型は現地法人や合弁会社等の社員を日本の受け入れ企業で受け入れるというもので、受け入れ企業が地方入国管理局に在留資格の申請等の手続を行います。

これに対し団体監理型は送り出し国の送り出し機関が選定した人材について監理団体が地方入国管理局に入国申請を行い、監理団体の会員の企業において実習を行うこととなります。この外国人技能実習生が日本で実習できる内容としては、制度を所管する厚生労働省によると2年目、3年目の技能実習を行える類型としては農業、漁業、建設業、食品製造、機械・金属関係など複数あり、今後自国において製造業で働きたいという人には機械加工の職種を選択しようといった選択できる職種の幅が広くなっている点が特徴です。

一昔前は外国人技能実習生を無報酬のような形で労働者として使っているような点が問題となりましたが、現在は来日して座学の講習が終わった後には雇用関係を結ぶこととされており、日本の法体系の下で給与が支払われる体制となっています。



実際に日本に行くことを投資と考え、借金をしてきている人もいるのが実情なので技能をきちんと伝える処遇をすることが重要となります。