外国人技能実習生の活用と今後

日本では特に製造業で人手不足が顕著になりつつあります。

中には後継者不足や労働者不足から廃業に追い込まれるところも出て来ている状況です。
したがって人手不足解消のためになりふり構わない状況が生じていると言えます。こうした中で外国人技能実習生の活用が図られています。昔からこの制度自体はありましたが本来の目的は外国の人に日本の進んだ技術を実地で学んでもらって、一定期間ほど学んだら帰国してもらって母国での活用をしてもらうという趣旨です。

しかしながら現実には外国人技能実習生を活用した労働力不足解消として活用されています。

待望の外国人技能実習生の有益な情報をお届けします。

この制度の問題点としては5年間までしか雇用を続けられないことです。



5年経過するとその外国人は帰国しなければいけません。


続けて就労を許可するようにはなっていないためで、今までその人に働いてもらっていた企業側からすると、また外国人技能実習生を受け入れて教育を施しながら働いてもらうということで、相応に手間がかかることが問題視されています。



しかしながら日本の製造業は人手不足が急速に進んでいて、その原因の一つと考えられている団塊の世代のリタイアと少子化による就労者の不足が今後も大きな影響を及ぼすと言えます。

したがって5年という期間の縛りはあるものの彼等を活用しないでいいという訳にはいかないところが多数あるため、制度の改変なども見ながら利用を続けるところが多いです。
場合によってはこの制度の活用が出来なくなったりしたとき、廃業の可能性が高まります。