日本で活躍している外国人技能実習生の目的と制度

外国人技能実習生は現在、日本企業の各工場や団体などで実習を積み、日本の大きな力ともなっています。
1993年に制度化された外国人技能実習制度の下、日本の企業や個人事業主などと雇用関係を結んで活躍しています。

外国人技能実習制度は、日本で培われた技能・技術または知識を、開発途上の地域への移転を図り経済発展を促す、という国際協力の推進から始まった制度です。

基本理念は「技能実習は労働力の需要調整の手段として行われてはいけない」ということになっていて、期間は最長5年間、技能の修得は技能実習計画に基づいて実施されます。
外国人技能実習生の受け入れは、日本の企業などが海外現地法人・合弁会社・取引先企業の職員を受け入れて技能実習を行う企業単独型、非営利団体の事業協同組合や商工会議所が外国人技能実習生を受け入れ、傘下の企業などで技能実習を行う団体監理型があります。
外国人技能実習生は入国後に日本語の教育や、技能実習生の法的保護に必要な知識などの講習を受けたあと、日本の企業との雇用関係の下で実践的な技能の修得を図ることになります。

外国人技能実習生の最新情報を見つけよう。

その際は技能実習を行わせようとする企業が技能実習計画を作成し、その内容が適当であることの認定を受ける必要があり、これは外国人技能実習機構が行います。
そして技能実習を開始したときは、その旨を外国人実習機構に届けることになります。



外国人技能実習生の数は、団体監理型、企業単独型それぞれ上限が設けられていて常勤職員数に応じて定められています。



また技能実習生は誰でもなれるわけではなく、外国の送り出し機関について関係法令の要件に適合することが求められています。
現在ベトナム・カンボジア・インド・フィリピン・ラオス・モンゴル各国との協力覚書が交わされていて、内容は、日本での実習先の不適切な情報があったときの調査・通知、あるいは実習生の送り出し認定取り消し処分内容の日本への情報提供などです。