外国人技能実習生の活用 - 外国人技能実習生の実習までの流れと処遇について

外国人技能実習生の活用

日本において優れた技術や今までの豊富な経験を有する企業は少なくありません。
そうした企業で仕事をしながらその技術の一端を身に付けるために来日する外国人技能実習生制度が活用されています。この制度は5年間という期限付で来日して、働きながらその勤務先での技術や知識を学んでいく制度です。

ただ実際には日本人があまり行わなくなった現業職での労働を担う役割を負っている状態と言えます。

外国人技能実習生のことならお任せください。

特に工場などの現場作業では日本人の労働者が少なくなり、しかも少子化及び高齢化によりなかなか人材の確保が出来ていないところが少なくない状況です。

こうした問題もあってまた発展途上国からの日本への就労希望などもあって、双方の利害が一致した制度が外国人技能実習生制度であるというわけです。

ただしこの制度はいつまでも利用できるわけではなく、5年という期限付での運用となります。5年経過するときに帰国してまた受け入れてきた企業側は新しい人材の確保を行うなどの対策が必要になります。

このように受け入れる側にもまた日本での進んだ技術を身に付けたい人にとってもこの外国人技能実習生制度は欠かせません。
ただこの制度の期限の問題が足かせになっている側面は存在します。



したがってこの期限の中でうまく人材を活用していくことが受け入れ側には求められますし、外国から来日する側にも相応の対応が必要です。



日本の生活環境も外国からすれば分かりづらい面はあるため、丁寧な受け入れ態勢が必須となります。